第43回ゴミゼロクリーンキャンペーン~ビーチクリーンアップかながわ2019~

今年も参加してまいりました!

ゴミゼロクリーンキャンペーン☀☀☀

私たち資源組合は鵠沼海岸に集合し、張り切って清掃に取り組みました!

今回の参加者数は、87団体・総勢4,778名。

当組合からは組合員の方々と従業員含め153名で参加させていただきました。

家族で参加する従業員も多く、子供から大人まで

大勢で楽しみながら清掃を行いました😊😊

このイベントは海岸をきれいにするとともに、

海岸美化への意識啓発を目的として行われています。

毎年5月30日(ゴミゼロ)直近の5月の日曜日に、

藤沢市と公益財団法人かながわ海岸美化財団が、

市民・各団体・各企業の皆さまと一緒に、

藤沢市域海岸一帯のボランティア清掃として、ゴミゼロクリーンキャンペーンを主催しています!

また、ゴミゼロクリーンキャンペーンは

2000年から展開してきた、相模湾岸の一斉清掃である、

ビーチクリーンアップかながわの一環として開催されています。

一見きれいなように見える浜辺ですが、一生懸命ごみを拾うと・・・

なぜかレゴブロックが出てきたり・・・

これ!!みなさまこれをご存知ですか??

今とっても問題になっているマイクロプラスチックです!

このマイクロプラスチックは微小なプラスチックのことを言います。

何が問題となっているかというと、これらが海洋へ流出することでおこる環境への影響です。

マイクロプラスチックによる環境への影響は様々ありますが、もっとも大きなものは海洋生物への

被害です。

近頃ニュースにもなっていますが、海洋生物がマイクロプラスチックを摂取してしまうと

体内で消化することができないので、消化器官の閉塞をおこして最悪の場合死に至ってしまいます。

現在世界中でこのマイクロプラスチック問題を解決するための働きかけがなされています。

神奈川県では、由比ガ浜に打ち上げられたシロナガスクジラの胃の中からプラスチックごみが

発見されたことを受け、プラスチック製のレジ袋やストローの利用を自治体や企業に

呼び掛けています。

2030年までにリサイクルされずに廃棄されるプラスチックごみをゼロにしようという

「かながわプラごみゼロ宣言」の賛同企業として当組合も登録を頂いております。

このマイクロプラスチック問題については世界中が解決に向けて取り組んでいかなくては

ならない環境問題の1つです。

私たちも3Rの徹底や、こうしたごみゼロクリーンキャンペーンへの参加など、

できることから取り組んでいきましょう!!

そして、張り切って清掃に取り組んだ結果!!

今回のビーチクリーンでのごみ収集量は

可燃ごみ:620㎏(吸い殻、紙ごみ等)

不燃ごみ:420㎏(ビン・カン・プラスチック等)

合計:1,040㎏でした!!

炎天下の中でしたが、とても楽しい清掃活動でした☀☀

参加された皆様、お疲れ様でした✨✨

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Copyright© 2015 by FujisawaResouceRecyclingCooperative All Right Reserved

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • White Instagram Icon